レーシックとは

レーシックとは、視力回復を目的とした角膜屈折矯正手術の一種で角膜の一部を削りフラップ(蓋のようなもの)を作り、レーザーで角膜の形状を整え、最後にあらかじめ作っておいたフラップで蓋をするというものです。

施術時間は20分程度で終わり、視力が0.01から1.5まで回復する人もいるなど、人それぞれ効果は様々ですが多くの人が視力回復を実現している方法です。費用は手術方法やクリニックにより異なりますが、安いものだと5万円~10万円程度で施術可能なこともあり、コンタクトを買い続けるよりも安いと考え手術を検討する人も多くいます。

レーシックのリスクとは

レーシックは気軽に行うことが出来る手術ではありますが、当然リスクは存在しますので慎重にならなくてはなりません。まず真っ先に思い浮かぶリスクは、失敗した時の視力低下、さらにはレーシック難民と呼ばれる人たちの存在も忘れてはなりません。レーシックを受けた人の中のほんの一部の人たちであるとはいえ、自分にそのようなことが起こらない保証はありません。それ以外にも、ドライアイ、暗いところが見えにくくなる、明るいところを眩しく感じるようになるなどのリスクも考えられます。

それ以外に想定されるリスクは、感染症です。クリニックなどの施設が清潔かどうか、手術前に抗生剤の点眼があるか、施術用の手袋をドクターが着用しているか、施術に使う器具の殺菌や使い捨てを徹底しているかなど、これらの点を見学やカウンセリングの際にしっかり確認しておくことで、ある程度、感染症のリスクを低減させることが出来ますので怠らないようにしましょう。

レーシックを受けるクリニックの選び方とは

レーシックが成功するかどうか、満足いくものとなるかどうかはクリニック選びにかかっているといっても過言ではありませんので、ここではクリニックを選ぶ際に最低限知っておくべきことをまとめてみましたので、ぜひご参照ください。

・クリニックの実績やドクターの実績と経歴

レーシックは少なからずリスクを伴いますので、費用や立地なども重要ですが、とにかく安全第一で選んで頂くのがいいでしょう。安全かどうかを測る指標としてはクリニック全体での症例実績や施術を担当するドクターの経歴や実績、症例数などが挙げられます。これらは大抵、クリニックの公式ホームページに記載がありますので必ず確認しましょう。

・費用と手術方法

多くのクリニックでは、同じ手術でも方法や使う器具によって費用がいくつかのプランに分かれています。最終的にはドクターとのカウンセリングによって施術方法を決めることが多いですが、内容はしっかりと理解しておくことが重要です。各方法のメリット・デメリット、リスクをしっかり頭に入れて、費用とも相談して慎重に最終的な決断を下しましょう。

・衛生環境

先ほど説明した通り、レーシックには感染症のリスクもありますので、クリニックの衛生環境や器具の衛生管理が徹底されているかどうかなどもしっかりとチェックしておきましょう。

・口コミ

ネット上の口コミを100%信頼していいものかは怪しいですが、参考程度にさらっと見ておくくらいはして損はないでしょう。あまりにも悪評が多いようなクリニックであればさけるようにしましょう。反対に、あまりにも絶賛のコメントばかりが並ぶクリニックも少し警戒したいほうが良いかもしれません。

・アフターケア

レーシックは手術がすんだら終わりというわけではないので、しっかりとアフターケアが充実していることや何かあった時にすぐに新味になって相談になってくれるようなところが理想です。カウンセリングに訪れた際に、スタッフの対応などもチェックしておくといいでしょう。

有名なレーシックのクリニックとは

品川近視クリニック
210-1355961014-3
特徴とは
品川近視クリニックは症例数が非常に多く累計120万症例を超えているクリニックです。数多くの有名人・芸能人も手術を受けていますが、費用も7万円からと比較的リーズナブルで、幅広く多くの方が手術を受けています。検査から施術までが1日で終わるスピード感も大きなメリットです。

さらに、交通費補助や格安で泊まれる提携ホテルがあり、さらに医療費控除も可能、分割払いもできるなど、費用に関しても安心できる内容になっています。

症例実績 累計120万症例以上
費用 7万円~
クリニック所在地 東京・名古屋・梅田・福岡・札幌

koushiki1